「文化政策」が本来射程とすべき広さを取り戻すために

Restoring Breadth to Cultural Policy

コンセプトConcept

「文化政策」を、広く捉えたい。私たちの生き方そのものにかかわる、社会づくり、国づくりの問題として。

そして、学際的な人文知と、実践現場の知見を結集した、包括的な文化政策学を構想したい。そこではとりわけ、この国において長く顕著であった、西洋を範とする思考方式の克服をめざしたい。

そのためには、「文化政策」に該当する営みが、まだその語が存在しなかった時代を含めて、日本社会で歴史的にどのように行われてきたのか、現在どのようなことが行われ、実際に日本が得意としていることは何なのかを、あらためて客観的に、掘り起こす必要がある。これから行われるべきこと、この社会が本当に必要としていることを、そこから浮かび上がらせていきたい。……

……このような問題意識を多くの方々と共有し、形にしていきたい、という思いから、多様な背景と視角を持つメンバーが集いました。もちろん、簡単に結論を導くことのできる課題ではありません。これは、方法自体の模索から始まる、新しい挑戦の道のりです。

This project seeks to understand cultural policy broadly, seeing it as an issue of building societies and countries that is related to how we live our lives.

Furthermore, it aims to conceive of a new expansive field of cultural policy studies that brings together interdisciplinary humanities scholarship and knowledge from people involved in cultural practice on the ground. In doing so, we hope to overcome modes of thinking that take the West as a model, which have been pronounced for a long time in Japan.

In order to do so, it is necessary to objectively uncover how cultural policy-like endeavours have been carried out in Japanese society (even during times when such a concept did not exist), how they are being carried out today, as well as what Japan’s strengths actually are. By doing so, we can bring into relief the type of cultural policy that should be carried out in the future, as well as what Japan’s society truly needs.

Wanting to explore the above problematics with others and give them a concrete form, members with diverse backgrounds and perspectives have come together for this project. We do not expect to arrive at any kind of conclusion immediately—this is a new, challenging process, starting from groping for a method itself.

助成・協力 / Supported by プロジェクト名 / Project Title
2019年度 京都大学 学際融合教育研究推進センター「分野横断プラットフォーム構築事業」
FY2019 Kyoto University Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research “Cross-sectoral Research Platform Development Program”
新しい文化政策の構築をめざして(研究代表 佐野真由子)
Towards the Creation of New Cultural Policy (Principal Investigator: Sano Mayuko)
2020年度 公益財団法人サントリー文化財団 研究助成「学問の未来を拓く」
FY2020 Suntory Foundation “Grant for Collaborative Research in Humanities and Social Sciences”
「大きな文化政策」を求めて―学際を超える試み(研究代表 佐野真由子)
In Pursuit of Broad Cultural Policy: Beyond Interdisciplinarity (Principal
Investigator: Sano Mayuko)

メンバーMembers

代表佐野真由子 京都大学大学院教育学研究科・教授(文化政策学、外交史・文化交流史)
朝倉由希 公立小松大学国際文化交流学部・准教授(文化政策、アート・マネジメント)
奥中康人 静岡文化芸術大学文化政策学部・教授(音楽学、音楽史)
蔭山陽太 THEATRE E9 KYOTO・支配人(舞台芸術プロデュース、劇場運営)
鈴木禎宏 お茶の水女子大学大学院・教授(比較文化論、比較文化史)
山田奨治 国際日本文化研究センター・教授(情報学、文化交流史)
山本麻友美 KYOTO STEAM-世界文化交流祭- アート・ディレクター、京都芸術センター アーツ・アドバイザー(アート・マネジメント、現代美術)
RepresentativeSano Mayuko Professor, Graduate School of Education, Kyoto University (Cultural policy studies, history of diplomacy and cultural exchange).
Asakura Yuki Associate Professor, Faculty of Intercultural Communication, Komatsu University (Cultural policy, art management).
Kageyama Yōta Manager, Theatre E9 Kyoto (Stage arts production, theater operations).
Okunaka Yasuto Professor, Faculty of Cultural Policy and Management, Department of Art University of Art and Culture (Musicology, music history).
Suzuki Sadahiro Professor, Graduate School, Ochanomizu University (Comparative culture theory, history of comparative culture).
Yamada Shōji Professor, International Research Center for Japanese Studies (Informatics, cultural exchange history).
Yamamoto Mayumi KYOTO STEAM -International Arts × Science Festival- artistic director, Kyoto Art Center artistic adviser (Art management, contemporary art).
【代表】
佐野 真由子 (さの まゆこ)
1969年生まれ。ケンブリッジ大学国際関係論専攻MPhil課程修了、東京大学博士(学術)。国際交流基金、UNESCO勤務ののち、静岡文化芸術大学、国際日本文化研究センター等を経て現職。著書に、『万博学―万国博覧会という、世界を把握する方法』 (編著、思文閣出版、2020)、 『幕末外交儀礼の研究』(思文閣出版、2016)、Pour une histoire des politiques culturelles dans le monde (共著、Poirrier, P., Ed., Comité d'histoire du ministère de la culture, 2011)、他。京都文化芸術都市創生審議会委員(2012~18)、経済産業省万博計画具体化検討ワーキンググループ委員(2019~2020)等を務める。
【Representative】
Sano Mayuko
Born in 1969. MPhil in International Relations (University of Cambridge). PhD (University of Tokyo). After working at the Japan Foundation, UNESCO, Shizuoka University of Art and Culture, International Research Center for Japanese Studies, and elsewhere, she assumed her current position. Publications include the edited volume Banpakugaku: Bankoku hakurankai to iu, sekai o haaku suru hōhō (Expo-logy: Expos as a method of grasping the world; Shibunkaku Shuppan, 2020), the monograph Bakumatsu gaikō girei no kenkyū: Ōbei gaikōkan tachi no shōgun haietsu (Diplomatic ceremonial in the last decade of the Tokugawa regime: Western diplomats’ castle audiences with the shogun; Shibunkaku Shuppan, 2016), as well as a chapter in Pour une histoire des politiques culturelles dans le monde (Poirrier, P., Ed., Comité d'histoire du ministère de la culture, 2011). Served on local and national government administrative committees, including Kyoto Culture and Art City Creation Advisory Committee (2012–2018) and Ministry of Economy, Trade and Industry’s Expo Plan Discussion Working Group (2019–2020).
朝倉 由希 (あさくら ゆき)
1977年生まれ。京都大学文学部卒業。在学中は音楽部交響楽団に所属し楽団運営に携わった。企業勤務を経て、東京藝術大学大学院音楽研究科応用音楽学博士後期課程修了。博士(学術)。文化の持つ多様な価値を豊かな社会づくりに活かすことを目指し、文化の幅広い意義を含めた評価のあり方を追求している。2017年より文化庁京都移転の先行組織として創設された地域文化創生本部研究官として、文化政策の国際比較調査研究等に携わる。現在、公立小松大学国際文化交流学部准教授。
Asakura Yuki
Born in 1977. Graduate of Kyoto University’s Faculty of Letters. While a student, she belonged to the university’s symphony orchestra and was involved in its operations. After working in business, she then acquired a PhD from the Graduate Course in Applied Musicology at Tokyo University of the Arts' Department of Musical Creativity and the Environment. Aiming to take advantage of culture’s diverse values to create a richer society, she researches policy evaluation methods that can effectively take into account the wide-ranging importance of culture. In 2017, she became a Research Officer at the Headquarters for Vitalizing Regional Cultures, an Agency for Cultural Affairs organization established in Kyoto in advance of the Agency’s planned move to the city after 2022. Her work there includes international comparative surveys and research on cultural policy. Currently Associate Professor at Faculty of International Communication, Komatsu University.
奥中 康人 (おくなか やすと)
1968年生まれ、奈良県育ち。同志社大学法学部卒業、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。日本学術振興会や京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターの特別研究員や名古屋芸術大学等の非常勤講師を経て、現在、静岡文化芸術大学文化政策学部教授。浜松在住。著書に『国家と音楽 伊澤修二がめざした日本近代』(春秋社、2008、サントリー学芸賞受賞)、『幕末鼓笛隊 土着化した西洋音楽』(大阪大学出版会、2012)、『和洋折衷音楽史』(春秋社、2014)。
Okunaka Yasuto
Born in 1968. Raised in Nara Prefecture. Graduate of Doshisha University’s Faculty of Law. Completed doctoral coursework at Osaka University’s Graduate School of Letters. Lit. D. After Japan Society for the Promotion of Science and Kyoto City University of Arts Research Centre for Japanese Traditional Music fellowships, as well as working as a part-time lecturer at Nagoya University of Arts and elsewhere, he assumed his current position as Professor at Shizuoka University of Art and Culture’s Faculty of Cultural Policy and Management (Department of Art Management). Hanamatsu resident. Works include Kokka to ongaku: Isawa Shūji ga mezashita Nihon kindai (The State and Music: The Modern Japan Sought By Isawa Shūji; Shunjūsha, 2008, Suntory Prize for Social Sciences and Humanities), Bakumatsu kotekitai: dochakuka suru seiyō ongaku (Bakumatsu Drum and Bugle Corps: Western Music and Indigenization; Osaka Daigaku Shuppankai, 2012), and Wayō setchū ongakushi (A History of Music Fusing Japanese and Western Music; Shunjūsha, 2014).
蔭山 陽太 (かげやま ようた)
1964年、京都市生まれ。大阪市立大学経済学部(中退)。在学中の86年から90年、札幌市内の日本料理店にて板前として働いた後90年〜96年「俳優座劇場」劇場部。96年〜2006年「文学座」演劇制作部、後に同企画事業部長。06年〜10年「まつもと市民芸術館」プロデューサー/支配人。10年〜13年「KAAT 神奈川芸術劇場」支配人。13年〜18年3月「ロームシアター京都」支配人/エグゼクティブディレクター。17年1月〜「一般社団法人アーツシード京都」設立、同理事。「THEATRE E9 KYOTO」支配人。98年、文化庁在外研修員(ロンドン)。
Kageyama Yōta
Born in 1964 in Kyoto. Began to work at a Japanese restaurant as a chef in Sapporo in 1986 while still a student of the School of Economics, Osaka City University. In 1990, joined the Haiyuza Theatre Company's theater division. From 1996 until 2006, was part of the theater production division of the theater company Bungakuza. Subsequently became the head of its projects division. From 2006 to 2010, was the producer and manager of the Matsumoto Performing Arts Center. From 2010 to 2013, was the manager of the Kanazawa Arts Theatre (KAAT). From 2013 to March 2019, was the manager and executive director of ROHM Theatre Kyoto. Established Arts Seed Kyoto in January 2017. Currently serves on its board of directors. Manager of Theatre E9 Kyoto. 1998 Agency for Cultural Affairs overseas trainee in London.
鈴木 禎宏 (すずき さだひろ)
1970年生まれ。東京大学大学院修了。博士(学術)。専門は比較文学比較文化/美術史。地域としては日本とイギリス、分野としては近代の美術・工芸、時代としては19〜20世紀を中心に、「生活」をめぐる様々な思想と実践について研究している。2001年お茶の水女子大学・生活科学部(生活文化学講座)の教職に就き、現在同大学院教授。『バーナード・リーチの生涯と芸術』(ミネルヴァ書房、2006年、サントリー学芸賞受賞)などの著作がある。2016年から2020年まで文化資源学会会長。
Suzuki Sadahiro
Born in 1970. PhD from the University of Tokyo. Specialises in comparative literature and art history. Focuses on the history of art and crafts in Japan and the UK in the 19th and 20th centuries. In 2001, joined the faculty of Ochanomizu University, where he is a professor from 2021. The author of Bānādo Riichi no shōgai to geijutsu [The Life and Art of Bernard Leach] (Minerva Shobo, 2006). President of Association for the Study of Cultural Resources (2016–2020).
山田 奨治 (やまだ しょうじ)
1963年生まれ。筑波大学大学院修士課程医科学研究科修了。京都大学博士(工学)。国際日本文化研究センター教授。総合研究大学院大学教授。専門は情報学と文化交流史。主な著書に、『日本文化の模倣と創造 オリジナリティーとは何か』(角川選書、2002年)、『〈海賊版〉の思想 18世紀英国の永久コピーライト闘争』(みすず書房、2007年)、『日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか』(人文書院、2011年)、『日本の著作権はなぜもっと厳しくなるのか』(人文書院、2016年)など。
Yamada Shōji
Born in 1963. M. Med. Sci. (Tsukuba University). Doc. of Eng. (Kyoto University). Professor at the International Research Center for Japanese Studies and the Graduate University for Advanced Studies. Scholar of informatics and cultural exchange history. Major works include Nihon bunka no mohō to sōzō: originalitii to wa nani ka (Copying and Originality in Japanese Culture: What Is Originality?; Kadokawa Sensho, 2002), "Pirate" Publishing: The Battle over Perpetual Copyright in Eighteenth-Century Britain (Nichibunken, 2012; translation of 2007 Misuzu Shobo publication), Nihon no chosakuken wa naze konna ni kibishii no ka (Why Is Japanese Copyright So Strict?; Jinbun Shoin, 2011); and Nihon no chosakuken wa naze motto kibishiku naru noka (Why Has Japanese Copyright Become Even More Strict?; Jinbun Shoin, 2016).
山本 麻友美 (やまもと まゆみ)
1972年生まれ。関西学院大学大学院文学研究科美学専攻修士課程修了。その後、一貫してアート・マネジメントを実践。2021年より、「KYOTO STEAM-世界文化交流祭-」アート・ディレクター、京都市文化芸術総合相談窓口(KACCO)統括ディレクター、京都芸術センターアーツ・アドバイザー。「東アジア文化都市2017京都 アジア回廊現代美術展」(二条城・京都芸術センター、2017年)、「光冠茶会」(オンライン茶会、2021年)など企画・キュレーションを行う。
Yamamoto Mayumi
Born in 1972. Majored in Aesthetics and Art Studies at the Graduate School of Humanities, Kwansei Gakuin University (MA). Active in the field of art management. From 2021, began working as an artistic director, KYOTO STEAM -International Arts × Science Festival- and an artistic adviser of Kyoto Art Center. Curator for “Culture City of East Asia 2017 Kyoto Asia Corridor Contemporary Art Exhibition” (Nijo Castle, Kyoto Art Center, 2017), “Corona Chakai” (online tea gathering hosted by contemporary artists, 2021) and others.

これまでの活動Major Activities

2019.12.07公開フォーラム
新しい文化政策の構築をめざして
於 京都大学 芝蘭会館 山内ホール
Public Forum
Towards the Creation of New Cultural Policy
Yamauchi Hall, Shirankaikan, Kyoto University
当日配布資料/ Forum Handout
2020.07.04 勉強会(非公開) 発題:朝倉由希   レポート
2020.08.04 勉強会(非公開) 発題:山本麻友美  レポート
2020.09.07 勉強会(限定公開) 発題:佐野真由子 レポート
2020.10.01 勉強会(限定公開) 発題:山田奨治  レポート
2020.11.01 勉強会(限定公開) 発題:鈴木禎宏  レポート
2020.12.05 勉強会(限定公開) 発題:奥中康人  レポート

2021.01.09オンライン・フォーラム
「大きな文化政策」を求めて
Online Forum
In Pursuit of "Broad Cultural Policy"
開催趣旨・プログラム   レポート・メンバー所感
2021.03.04 2021年勉強会シリーズ 第1回  プログラム   レポート
2021.04.21 2021年勉強会シリーズ 第2回  プログラム   レポート
2021.06.11 2021年勉強会シリーズ 第3回  プログラム   レポート
2021.08.10 2021年勉強会シリーズ 第4回  プログラム   レポート -->
2021.10.02 2021年勉強会シリーズ 第5回  プログラム   レポート

お知らせNews

2021年勉強会シリーズ 第6回  

当プロジェクトは、本年1月9日に開催したオンライン・フォーラムを経て新しいフェーズに入り、多方面のゲストを勉強会にお迎えしてご報告を得ながら、徹底討論を重ねてまいりました。「大きな文化政策」の外延をいっそう広げつつ、同時にゆるやかな輪郭を模索し、共有することをめざしてきた「2021年シリーズ」は、今回が最後です。

これまで同様、プロジェクト・メンバー以外に10人までのご参加を募集し、顔の見える規模でインフォーマルに行います。次の展開を前に、どうぞご出席ください。

日時:11月29日(月)19:00~22:00

会場:京都大学芝蘭会館別館 2階 研修室1 (Zoomとの併用開催)

    アクセスはこちら

プログラム 

19:00ごろ~
報告1:丸岡直樹さん(文化庁 文化観光推進コーディネーター)
文化-観光のこれからを考える


19:45ごろ~
報告2:小川忠さん(跡見学園女子大学文学部 教授)
2010年代日本のパブリック・ディプロマシー
 ——ネオ・リベラリズムと「戦略的対外発信」への傾斜


~引き続き全体討論
※勉強会はインフォーマルに進行いたしますので、当日、各報告の開始時刻は変動する可能性があります。


お申込み方法  

参加無料・事前申込み制(締め切り 11月24日(水)/定員10名)

  • ご参加希望の方は、〈お名前〉〈ご所属(ご職業) 〉〈連絡先メールアドレス〉および〈会場参加希望・オンライン参加希望の別〉を明記の上、新しい文化政策プロジェクト事務局(cp_project@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)までメールでご連絡ください。なお、勉強会全体へのご参加をお願いいたします。
  • 11月24日以前にお申し込みが定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
  • 会場でのご参加は、「密」にならない範囲でお受けします。必ずマスクをご着用ください。また、当日、ご体調に異変がある場合はご出席を控えてくださいますようお願いいたします。
  • オンライン参加の方へは、前日にZoomミーティングへのログイン情報をお送りいたします。なお、勉強会にご参加の間は、ビデオをオンにしていただきます(オンにできない場合はご参加いただけません)。

お問い合わせ

cp_project@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(新しい文化政策プロジェクト事務局)